VIOとは?

VIOはデリケートゾーンの総称です。
Vはビキニライン、Iは陰部周り、Oは肛門周りのことを言います。

水着を着る方はVIO脱毛が必要

VIOはそれぞれ単体でも脱毛できますし、この部分をまとめて脱毛してしまうひともいます。衛生的なという意味の英語から「ハイジニーナ脱毛」と呼ばれることもあります。

サロンによって呼び方は違いますし、Vラインに関しては太ももの付け根まで脱毛してくれるところと、太ももはノータッチのところもあります。Iラインは粘膜ぎりぎりまでしか脱毛できない場合と、粘膜部分も照射できるクリニックもあります。

サロンのほとんどが粘膜ギリギリまでの照射なので、粘膜の上まで脱毛したいと思ったらクリニックに行ったほうがいいでしょう。

VIO脱毛をすることで、毛がショーツからはみだして焦るということがなくなります。
蒸れなくなるので肌トラブルも減るでしょう。

VIO脱毛をしてとくに変化が現れるのが、生理のときです。
経血がつくことが減り快適ですし、臭いが気にならなくなるのです。
清潔さと見た目の良さから、VIOラインを脱毛するひとは増えてきました。

脱毛方法は、紙パンツになって、寝転んでひざをたてて施術してもらうスタイルで、少し恥ずかしいですが、施術する側は見慣れているのであまり気にしなくても良いでしょう。

つるつるにするのは抵抗があるという方は、5〜8回脱毛して毛を間引いたり、形を整えて脱毛する等、スタッフと相談しながら進めて行きましょう。

トップへ