生理のときは施術を控えよう

生理の時は、ホルモンバランスが大きく変わります。

生理の前後で肌が荒れたり、イライラしたり、ちょっとしたことで悲しくなったりするのは、ホルモンバランスのせいなのです。生理の時は脱毛できないというサロンがほとんどですから、生理は避けて施術予約をしましょう。

生理の時は無理しないようにしよう

生理の時は「VIOだけ脱毛できない」というわけではありません。「腕の脱毛だから、別にいいでしょ」と生理中に施術を受けると、いつも以上に痛く感じたり、肌が荒れたり、効果が十分に得られない可能性もあるのです。

ムダ毛とホルモンの関係も密接ですから、できるだけホルモンバランスが安定しているときに施術を受けるようにしてください。

初潮を迎えていない方は、できれば初潮を迎えてからの施術が良いでしょう。

初潮前でも施術は可能ですが、初潮を迎えることによって大きくホルモンバランスが変わり、減り始めた毛がまた生えてきてしまうこともあるのです。また思春期ニキビがたくさんできているひとも、ホルモンバランスが安定していない証拠ですから、ニキビが治って肌状態が落ち着いてから脱毛をはじめることをおすすめします。

ホルモンバランスは目に見えないものなので軽視しがちですが、体調に密接に関係があるので、脱毛するときも頭の片隅に置いておくようにしてください。

脱毛の基礎知識トップへ