脱毛機でも種類がある

脱毛機は大きくわけて3種類あります。

まず毛根を熱で破壊するものと、毛根より上のバルジを破壊するものの2種類。
エステサロンであれば、SSC式脱毛機や、IPL脱毛機、シルキーライトやなどが毛根を破壊するタイプの機械です。

クリニックであれば、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザー、メディオスターなどが、毛根やバルジ領域を破壊できる機械です。これらの機械は、皮膚の色が濃いと火傷になってしまうので施術できない場合もあります。脱毛の仕組みは同じで、異なるのは光(レーザー)の強さだけです。

種類によって脱毛効果に差がある

もう1種類、ヤグレーザーを搭載した機械、ジェントルYAGがありますが、こちらも基本的には仕組みは同じです。ヤグレーザーの特徴は、肌色が濃くても照射が可能という点。日焼けして真っ黒になった肌や、地黒のひとでも、ヤグレーザーは施術ができます。

サロンやクリニックによって、脱毛の手順やかかる時間は異なりますが、基本的に機械が当たれば毛根(バルジ領域)が壊れていくのは同じです。
つまり、きちんと当てていれば、どこに通ってもほとんど結果は同じということです。

逆に、どれだけ最新の機械であっても当て漏れてしまうと脱毛はできません。
機械にこだわるより、施術者のスキルにこだわったほうが、脱毛効果を得やすいと言えるでしょう。

脱毛の基礎知識トップへ