摩擦軽減により改善される

黒ずみの原因は、主に「刺激しすぎ」による「色素沈着」です。

毛を剃ってばかりいると、その部分がカミソリで刺激され続けて、体は「刺激から肌を守ろう」とします。そして皮膚が厚くなるのです。分厚くなった皮膚は、固くなりがち。固い皮膚というのは、柔らかい皮膚に比べてターンオーバー(皮膚の産まれ変わり)が遅い傾向にあり、汚れがたまったままになって、黒ずんでしまうというわけです。

シェービングしなくていいので黒ずみ防止にもなる

剃りすぎて刺激しすぎた結果、色素沈着してしまっているひともいます。日焼けをすると、肌が黒くなりますよね。これは、体が紫外線から皮膚を守るためにメラノサイトを出して、それが肌に沈着してしまった状態なのです。
日焼けだけでなく、シェービングの刺激によってもメラノサイトは作られ、沈着します。

シェービングをしょっちゅうすることで、毎日のように刺激が加えられ、肌が産まれ変わる間がなくメラノサイトが蓄積され、黒ずんでしまうというわけです。

刺激によって色素沈着が起こり、黒ずんでしまっているひとは、脱毛することで、もう剃らなくてよくなりますから、黒ずみは改善されるでしょう。脱毛するにつれて肌は柔らかくなり、やがて産まれ変わって、もとのように白く透明感のある肌を取り戻せるのです。

剃りすぎて、毛が埋もれてしまって黒ずんでいるように見えるひともいますから、脱毛は黒ずみ対策に有効な手段と言えます。

脱毛の基礎知識トップへ