施術後のケアの方が大切

脱毛する部分は剃ってから行きましょう。

毛が長いと、レーザーの光が浸透せず、効果が得られなくなります。
個室に案内されたら、着替えましょう。

脱毛する箇所にもよりますが、たいていラップタオルを巻いて、紙パンツだけになります。
施術の順番は、ジェルを塗る→レーザー(光)を当てる→ジェルを取る→
冷やす→保湿クリームやローションを塗るという流れです。

ジェルには肌を守る働きがあり、レーザーや光の熱や痛みもやわらげてくれます。
まれに脱毛機のヘッドを冷たく設定しており、ジェルを塗らなくても痛みや熱を感じないサロンもあります。

こういった場合はジェルをぬる工程がないため、比較的時間が短くて済みます。

1部位だけの施術なら15分くらいで終わります。
複数部位や全身脱毛の場合、40分〜3時間くらいかかることもあります。
タオルケット等はかけてもらえますが、ずっと裸のままなので身体が冷えます。

背述語は、普段よりも保湿をする

施術後、大きな保冷剤で冷やされると身体の芯まで冷えてしまいますので、施術のときは厚手の下着や衣類を着て行き、施術が終わったらすぐ保温できるようにしておきましょう。

施術が終わったら、着替えて次回予約をして帰ります。
予約が取れない場合は、帰宅後、電話やネットで予約をしましょう。

帰宅してから肌トラブルが起きた場合はすぐ施術を受けたサロン、クリニックに連絡しましょう。なお、施術した日は、毛穴から熱が入り、身体に熱がこもっている状態です。

飲酒やはげしい運動、湯船にゆっくり浸かるといった体温をあげる行為は控えるようにしましょう。

トップへ