MENU

永久脱毛の定義

脱毛するなら永久脱毛したいと思う方、多いですよね。
お金をかけて脱毛するのだから、処理した毛は二度と生えてこないほうが良いに決まっています。

毛が再生しないのが永久脱毛

医療レーザー脱毛とエステ脱毛はどう違うの?永久脱毛するならどっち?と迷っている方も多いはず。医療脱毛とエステ脱毛の違いはズバリ「永久脱毛を謳えるか、謳えないか」です。永久脱毛の定義は「脱毛完了してから、1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下」です。

医療脱毛はこの定義を達成しているため、永久脱毛を謳うことができます。
一方、サロンの脱毛は医療レーザー脱毛ほど出力が強くないため、この条件を達成しきれていません。

このため脱毛サロンは永久脱毛を謳うことができないのです。

サロンでも回数を重ねればOK

「じゃあエステ脱毛だと、いつかまた毛が生えてくるの?」と思いがちですが、そうではありません。
脱毛サロンでも、回数を重ねることで、ほぼ永続的に毛が生えてこない状態にできます。

医療レーザー脱毛は強い光を当てるため5〜7回光を当てれば、ほぼ毛のない状態になれます。

脱毛サロンの光は、一度当てただけでは毛根を破壊するに至りませんので、以前と同じように生えてきたり、少し細くなった毛が生えてくる可能性があります。サロンの光は何度も当てることにより、毛根にダメージが蓄積され、やがて生えてこないようになります。

サロンの光は10〜18回当てると、脱毛効果が目に見えて分かるようになります。
毛根にダメージが蓄積され、やがて破壊された毛根からはもう毛が生えてこないため
脱毛サロンでも回数さえ重ねれば、医療レーザー脱毛と同じくらいきれいな肌になることができるのです。

短期間の脱毛はクリニックで

毛根を1〜2度の照射で確実に破壊し
二度と毛が生えてこない状態にしたいのであれば、クリニックの医療レーザー脱毛がおすすめです。

時間がない方や何度も通うのが面倒な方は、クリニックの医療脱毛を選びましょう。
ただし強い光で施術するため、医療脱毛は痛みがともないます。

輪ゴムでばちんとはじかれた程度の痛みがありますので、痛みを避けたい方は脱毛サロンがおすすめです。

トップへ