痛みに弱い方にはオススメです

脱毛サロンでの脱毛は、痛みがほとんどないので、麻酔をする必要がありません。

 

しかし、クリニックの医療レーザー脱毛は、強く輪ゴムではじかれたような痛みがあるため、痛すぎて施術が続けられないというひともいます。そういうひとのために、クリニックでは麻酔が用意されています。

 

麻酔には抵抗がある方でも安心です

麻酔と聞くと「手術のときに使うもの」と考えて、使うことに懸念を感じる方もいるでしょう。
しかし、歯を抜くときだって麻酔をしますし、少し縫う時だって局所麻酔をしますよね。
麻酔は身近な存在で、痛みをやわらげたり感じなくするためには有効な手なのです。

 

どうしても痛みが我慢できそうにないときは、麻酔をお願いしましょう。
脱毛サロンでよく使われている麻酔に「麻酔クリーム」があります。

 

塗るタイプのもので、施術したい場所に塗ったあと30分くらいで効果がでてきます。肌の感覚が鈍ってきて、痛みを感じづらくなるのです。簡単に塗れて便利な麻酔クリームですが、人によってはアレルギー反応を起こすこともあります。また、効いてくるまで時間がかかるため、施術時間が長くなってしまうというデメリットもあります。

 

すぐに効いてアレルギーの心配もほとんどないのが、笑気麻酔(しょうきますい)です。
ガスタイプの麻酔で、吸うことで「ほわん」とした感じになります。

 

お酒を飲んで、感覚が鈍ったときのような状態になるのです。痛みを感じないだけでなく、施術に対する恐怖心や不安感も取り除けるので、笑気麻酔はおすすめです。

 

どの麻酔も、クリニックでやってもらうと別料金になるので、お金のこともちゃんと聞いてから麻酔をお願いするようにしましょう。

 

トップへ